トップ > 企業検索結果一覧 > 株式会社プラネット

株式会社プラネット

■トップインタビュー

取材年:2019年

クライアント・ファーストの理念と
地場のプライドで戦う広告代理店
チームワークの良さも身上

お客様との打ち合わせなどに活用される応接室。クライアント企業の目的や予算に応じて、どんなコンセプトで広告を作るか、どんなメディアを使うか、どうすれば成果を最大にできるかなどを話し合いの中で練っていきます。コミュニケーション能力がこの業界におけるカギです。

長崎の広告代理店の雄、ここにあり

 一般に「広告代理店」と聞くと、テレビコマーシャルを作ったり、イベントをプロデュースしたりといった華やかな業界がイメージされます。プラネットは、長崎に本社を構え福岡に支社を置いている地場の広告代理店。長崎という歴史ある土地柄を生かしながら、第一線で活躍している企業です。
 企画の立案から始まり、制作会社への依頼、タレントのキャスティングなどを行って広告を目に見える形に作り上げていき、新聞・雑誌・インターネット・テレビなど各種メディアを通じて世の中に発信していく、というのが主な業務の流れ。本多孝介代表は、この仕事の魅力を次のように語ってくれました。
「企業様のコマーシャルを作って、それをテレビで見る時などはうれしいですよ。私どもが仕掛けたものが形になって、なおかつそれをみんなが見て喜んでもらえた時には、働き甲斐を感じますね」
 会社として大事にしていることは、本多代表が就任当初に役員と共同で作った「プラネット・ウェイ」という社是・経営理念・行動指針にまとめられ、全社員に周知徹底されているとのこと。
「その中でも、我々が最も重視しているのは『クライアント・ファースト』の精神です。お客様から愛され、お話をいただくために、とにかくお客様が第一という意識を徹底させています。それと同時に、社内での情報共有、チームワークを大事にしていますね」

チーム・プラネットで課題に挑む

 一人の仕事に会社全体がチームとしての問題意識・興味関心を持って取り組み解決していく「チーム・プラネット」体制が強みだということです。
「当社は福岡に支社を出しており、そこから最先端のものを吸収できるので、本社が長崎でも大手に対抗できるという自負を持っています。優秀な人材が多いですし、誰もが会社の中で目標を持って自己実現を図ることができます」
 競合他社との戦いはタフですが、やりがいは十二分。話すことが好きで、いろんな分野に興味を持ち好奇心旺盛で、なおかつ元気。そのような人材を求めているそうです。

PROFILE

本多孝介さん

代表取締役

1964年長崎市生まれ。青山学院大経済学部経済学科卒。東京・渋谷の広告会社に勤務し、35歳の時に一念発起して帰郷、プラネットに転職。ながさき阿蘭陀年のプロデュース、地元大型商業施設の立ち上げ、観光事業広告キャンペーンなどを手掛ける。

■社員インタビュー

取材年:2019年

常日頃から街を出歩く時は
ビジネスチャンスを探します
飛び込み営業も苦になりません

お客様と一緒に作ったCMやチラシで、エンドユーザーの反響を得られるのが面白いです

小林佑介さん

お客様の個性や感性を大事にして共にプランを組み、形じゃないものを形にしていく。単なる物販ではないところがこの仕事の魅力だと、小林さんは言います。

宮城県出身→長大水産学部→広告代理店

 宮城県仙台市出身で入社4年目の小林佑介さんは、長崎大学水産学部を経て入社したという変わり種です。
「学生時代にイベント関係のアルバイトをしていて、この会社を紹介していただきました。広告代理店がどんな仕事をしているか漠然としか知りませんでしたが、採っていただけるならと、迷わず入社しました」
 入社後は、天性の人当たりの良さと度胸満点の性格で、即戦力として活躍。「小林は、ふつうの人が苦手とする飛び込み営業なども物おじせずにできる。まさに我が社が求めていた人材でした」と、本多代表もお墨付きを与えるほどです。小林さん自らも、この業界に向いている人は?の問いに「私みたいな人ですね」と回答してくれました。

街を歩きながら次の営業チャンスを探す

 先輩社員からの指導もあって、街を出歩く時には常に営業チャンスを窺っているとのこと。「あそこに大きい会社があるとか、新しい看板が出たとか、何か知らない社名の入った車が走ってるとか、そういうものを見つけたらすぐにメモしてリストに追加し、CMとか広告とかどうかな、と作戦を練るんですよ」と、日々貪欲な姿勢で仕事に取り組んでいます。
 今までに手掛けた仕事の中で最も印象に残っているのが、長崎くんちで浜町商店街の庭見せを手伝ったこと。「衣装や道具、船などの展示を行うのですが、モノが古くて壊れている部分などがあり、足りない材料を買いに走ったりしました。くんちならではの専門用語がわからなくて大変で、商店街の年配の方々とのやり取りも四苦八苦でしたが、非常に貴重な経験でしたね」
 この業界へ就職を考えている学生さんにアドバイスを、というリクエストには「仕事力は入社したら会社が鍛えてくれるので、学生のうちは自分磨きをして人としてのポテンシャルを鍛え上げ、パーソナリティーの部分をアピールできるようにすることですね」と、答えてくれました。
 学生時代のイベント関係のアルバイトも、今の仕事に生きている部分があるのかな、と笑顔で話す小林さん。情熱と適性があればやっていける世界なのです。

お客様と一緒に作ったCMやチラシで、エンドユーザーの反響を得られるのが面白いです

福利厚生の一環として昨年に続き、フットサル大会にも参加しました。試合では、関係各社との絆や親睦も深まります。

■企業概要

株式会社プラネット

所在地 長崎市栄町4-18
電話番号 095-827-8001
ホームページ http://www.planet-ad.com
設立 1993年
代表 本多孝介
資本金 3,500万円
社員数 全従業員 18名 
初任給 大卒205,000円
休日休暇 土、日、祝、年末年始、その他会社が指定する日
福利厚生 入保険(健康・雇用・厚生年金)、退職金制度
インターンシップ
受け入れなど
インターンシップ受け入れ/無し
大学生アルバイト受け入れ/無し
採用担当者連絡先 095-827-8001(総務担当 田中丸)
s-3@planet-ad.com

株式会社プラネット

オフィシャルSNS