トップ > 企業検索結果一覧 > 長崎綜合警備株式会社

長崎綜合警備株式会社

■トップインタビュー

取材年:2022年

24時間・365日の警備体制で、安全安心な毎日を
迅速かつ丁寧な警備で
県民に信頼される警備会社を目指します

警備対象先へと機動車両が急行。県内全域に構築された機械警備ネットワークで異常を瞬時に検知することが可能です。一般事務所や住宅、大型施設等の警備対象先の有事には、訓練を受けた警備員が駆けつけて適切な対処します。

警備を通して安心を築き上げることが、地元への恩返し

 機械警備や常駐警備、警備輸送に至るまで、警備の総合的なサービスを展開し、離島にまでそのネットワークを広げる長崎綜合警備株式会社。
「公的な機関から民間企業、個人の住宅。全てが私達のお客様であり、それぞれの安全と安心を守ることが、我々の使命です」
 センサーからの信号が検知されると、担当エリアの警備員が外周や室内を確認しに急行する機械警備。各エリアに設置されたATMの現金管理・現金補充・回収を行う警備輸送。24時間365日、県民の安全安心を守るための、迅速な対応が行われています。現在では、入金機オンラインシステムをより多くの事業者に向けて展開しています。
「売上金を店舗内の入金機に投入するだけで翌営業日に指定口座に入金される仕組みになっています。これにより、盗難や銀行へ入金しに行く最中に襲われるといったリスクを防ぐことができます。また、責任者が入金作業で貴重な時間を削ってしまうこともなくなります。何か起きた際にかけつけるだけではなく、リスクの段階からお客様の安全を守るという視点も大切にしているのです」

お客様から、より信頼される存在になるために

 冨野さんに、求める人材像をお伺いしました。
「誠実・責任感・協調性の3つが重要だと考えています。機械警備では、企業の警備や個人のホームセキュリティでも鍵をお預かりします。家族や大切な関係の人にしか渡せない鍵を私達が預かるわけですから、託された側は、誠実に仕事を行う必要があります。それから責任感。雨の日でも雪の日でも、決められた業務を決められた時間で遂行しなければいけません。また、1人で現場に向かう場合もありますが、実際はセンターから指示をする人がいて、近くのエリアを担当している上司や同僚もいます。周りと共に動ける協調性もやはり大切なものだと考えていますね」
 また、今後の展望として女性の雇用創出を積極的に考えていると冨野さんは語ります。
「警備というと男性が多いイメージがまだ強いですが、そんなことはありません。ホームセキュリティーにおいては、家の中に入って機械の設置や点検を行います。日中にお伺いする場合は奥様が対応されることが多いですので、男性が向かうよりも女性が伺った方が安心していただけます。新卒採用では、営業や人事・採用をはじめ、より多くの部署で女性の雇用を増やしていければと考えています」

PROFILE

冨野 官さん

代表取締役社長

長崎県松浦市出身。高校卒業後、綜合警備保障株式会社に就職。2022年6月に長崎綜合警備株式会社に出向し、代表取締役社長に就任する。趣味は野球観戦。健康維持のため、毎日のウォーキングを欠かさず行っている。

■社員インタビュー

取材年:2021年

セキュリティ業は
お客様からの信頼が第一
笑顔と迅速な対応を心がけています

じっくりお話をお聞かせいただき最適なプランを提案します

毎熊拳太さん

企業や店舗、一般家庭……抱える不安や課題はさまざま。オーダーメイドのセキュリティープランで暮らしの安全を支えます。

武道歴が生かせるセキュリティ業

 営業2年目の毎熊拳太さんは、高校時代から活躍していた柔道の有名選手。日本大学卒業後は、実業団で競技を続ける道ではなく、地元長崎に戻ることを選びました。
「当初は警察官や刑務官といった公務員も考えていましたが、幼い時から柔道を通してお世話になっていた先輩が長崎綜合警備で働いていることを知り、民間企業に目を向けていないことに気付いたんです。セキュリティ業ならば自分の柔道が活かせると思い、先輩からの紹介もあって就職しました。同期は私を入れて4人。最初の1カ月は〝機動〟といって警備のほうでの研修でした」
 警備の本質を知るため、配属に関係なく〝機動〟からスタートするそうです。毎熊さんはその後営業の研修に入り、現在は長崎市北部から長与町を担当しています。
「既存のお客様を訪問しながら、一方で新規開拓していきます。個人のお客様はお問い合わせがあったところに伺いますが、既存のお客様から紹介していただくこともあります」

良くも悪くもポジティブな性格??

 営業の仕事は厳しいですか?
「考え方次第でしょうか。私自身は良くも悪くもポジティブです。難しいなと思ったのは、新築物件にセキュリティを取り付ける時。基本的に建築主さんにご提案していくのですが、建築会社様や設計会社様などとも機器の取付け位置などを慎重に打ち合わせる必要があります。その中で、機器の構造や工事段取りについても多くを学び習得してきました。印象に残っているのは、地区担当として営業を始めた頃、『電話では力量がある感じがしたけれど、来てみたらポンコツやね』と笑いながら辛抱強く付き合ってくださったお客様。今では、別の物件の警備まで任せていただけるほど信頼していただけるようになりました。忘れられない方です。担当エリアの皆様に私の名前をしっかり覚えてもらうよう努力して、会社の期待に応えられる人材になりたいですし、県民として長崎に貢献したいという思いがあります。いろいろな意味でもっと大きな人間になっていく、というのが目標です」

じっくりお話をお聞かせいただき最適なプランを提案します

本社にある中央管制室は長崎綜合警備の中枢です。県下全域を365日24時間体制で監視し、状況により出動指令等をおこないます。出動要請数は年間97,000件もあるとか。

■企業概要

長崎綜合警備株式会社

所在地 長崎市旭町3-6
電話番号 095-864-1010
ホームページ https://www.nsk-nt.co.jp
設立 1969年
代表 冨野 官
資本金 2,000万円
社員数 全従業員 393名 
初任給 大学卒197,000円 高校卒171,000円
休日休暇 土・日・祝(週休2日)、年末年始休暇、年次有給休暇
福利厚生 各種社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)、退職金制度、資格取得補助制度、育児休業制度、介護休業制度
インターンシップ
受け入れなど
インターンシップ受け入れ/有り
大学生アルバイト受け入れ/無し
採用担当者連絡先 095-864-1010(人事部 片岡 達)
info@nsk-nt.co.jp

長崎綜合警備株式会社

オフィシャルSNS